医療法人玲心会

ひろば 訪問看護ステーションふるる

脱水症について

投稿日:2021-11-19

こんにちは。訪問看護ステーションふるるです。

少しずつ秋の雰囲気になってきましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は脱水症について簡単にまとめていますので、見てみてください。

身体の水分量

水分の役割

  • 血液として酸素や栄養素を運び老廃物を集める
  • 尿として老廃物を体外へ排出する
  • 汗を出して体温を調節する

では、
脱水症はどんな時に起こるのでしょうか?

脱水は摂取する水分が少なかったり、失う水分が多かったりするときに起こります。

  • おう吐
  • 下痢
  • 多量の汗
  • 尿を出す作用のあるお薬の服用
  • 水分摂取の減少 など

※特に高齢の方は『喉が渇いた』と認識する機能が低下
これにより、水分摂取が少なくなり脱水症になりやすいといわれています。

そのため、夏だけでなく、水分摂取の機会が減る冬も要注意です。

脱水症の症状

脱水症の症状

1日に必要な水分量
体重(kg)×年齢別必要量(ml)

【年齢別必要量】

  • 30歳未満・・・40ml
  • 30~55歳・・・35ml
  • 56歳以上・・・30ml

◎脱水症チェック◎

《注意》
医師から水分制限を指導されている方はその指示を守ってください。

-ひろば, 訪問看護ステーションふるる

関連記事

no image

エコルたちお野ではリハビリ専門の療法士も機能訓練に参加しています。

エコルたちお野では機能訓練にリハビリ専門職(療法士)も参加しています。同法人内の老人保健施設に勤務するセラピストが、週1回程度、定期的に訪問し、入居者様の状態把握や訓練内容の検討、介助時のアドバイスな …

no image

外国人介護人材研修会が開催されました!

鹿児島県社会福祉協議会 福祉人材・研修センター主催の「外国人介護人材研修会」が1月31日、3月10日の2回にわたり開催され、当施設の技能実習生2名が受講いたしました。今回はコロナ禍ということもありいず …

no image

訪問看護ステーション協議会教育研修会に参加しました。

12月9日「医師と訪問看護師の連携 医師の立場から~」のシンポジウムが開催され、肝属郡医師会立病院 副院長 西田卓爾先生・長島町国民健康保険平尾診療所 院長 三角芳文先生の講演がありました。 訪問看護 …

no image

ハッピーハロウィン!

コロナに負けんど! 新型コロナウイルス肺炎の流行で、利用者の皆様も外出も控え、ストレスが溜まる日々を送っていらっしゃいます。通所リハビリに来ることだけが外出になっている人も多く、利用時に少しでも楽しん …

no image

クリスマス会

コロナウイルスの感染が心配されていますが、感染対策をしっかり行ったうえクリスマス会を開催しました。サンタクロースやトナカイが踊りを披露し、利用者様はプレゼントをもらってみんな大喜びでした。