医療法人玲心会

ひろば 訪問看護ステーションふるる

訪問看護ってなあに?(Vol.1)

投稿日:2011-01-20

訪問看護ってなあに?

「病気や障害があっても住み慣れた自宅で療養したい」「住み慣れた自宅で自分らしく最期まで過ごしたい」という願いが叶うなら、多くの方が在宅療養生活を希望されることでしょう。

20世紀後半以降、人々の多くは病院や施設で最期を迎えるようになりました。しかし近年、医学や技術の進歩に伴い、自宅でも高度な医療機器を設置し取り扱えるようになってきており、かつては病院でしか受けられなかった治療が家庭でも受けられるようになり、在宅療養に移行する人が増加しています。

在宅での療養生活を始める際には様々な不安が先立つことでしょう。「家に帰ってからどのように治療すればいいのかわからない」「急に症状が悪くなった時どうしたらいいの?」「独りだし家は狭いし家族に迷惑をかけてしまう」などたくさんの不安と心配を抱きます。

現在、病院と同じくらいのレベルと内容の治療を自宅で受けながら、在宅療養を受けている方が数多くいらっしゃいます。在宅療養を行うとき、とても重要な役割を果たしているのが「訪問看護」です。病院・施設と在宅の間の安心の架け橋となります。

このコーナーでは、「訪問看護」をより詳しく知ってもらうために‘訪問看護とは?’‘訪問看護を利用するまでの流れ’‘訪問看護のサービス内容’‘訪問看護ステーションの機能’‘ステーション選択のポイント’‘訪問看護師の役割’‘利用料金’‘在宅生活のワンポイントアドバイス’など、訪問看護に関する情報や、実際に訪問看護を利用された方々の事例を紹介していきます。

訪問看護とは?

看護師や理学療法士が、ご自宅を訪問し療養生活を送っている方の看護やリハビリを行なうサービスです。

ご本人ご家族の意向やライフスタイルを尊重して、QOL(生活の質)の向上に努めながら予防的支援から看取りまでを支えます。医師 薬剤師、理学療法士 ケアマネージャー栄養士など多職種と連携し、利用者の状況に応じた在宅サービスを取り入れていきます。

ご自宅での療養生活における心配、不安、悩みなど、さまざまな相談に応じ、療養生活がよりスムーズに行えるように支援するほか、心身の状態、治療状況、療養介護の状況、社会生活、療養環境などを総合的に判断して、必要かつ適切な看護を実施します。

訪問看護を受けられる人は?

病気や障害があり、在宅療養していく上で支援を必要とする方。

赤ちゃんからお年寄りまで、主治医(かかりつけ医)が訪問看護の必要を認めた全ての方が対象となります。

医療保険及び介護保険のいずれかで利用することができます。

訪問看護は誰が来てくれるの?

訪問看護ステーションの看護師が計画的に訪問します。

またリハビリを必要とする方には、理学療法士・作業療法士による訪問も出来ます。

次回は訪問看護サービスの内容についてお伝えします。

-ひろば, 訪問看護ステーションふるる

関連記事

no image

誕生会

プレゼントの花束を作成して頂きました。一輪の花を、花びらを切る・巻く・糊で付けると分担し協力して作り上げられています。 花束とカード、歌も皆様からプレゼントされてとても喜ばれていました。 他にも七夕や …

no image

ちぎり絵を楽しみました!!

3月13日(日)スタッフと一緒にちぎり絵を楽しみました。 季節にあった果物や野菜の絵にそれぞれオリジナルの発想で折り紙をちぎり貼っています。 これからも毎週、様々なアイデアを出しあって、クラブ活動を行 …

no image

エコルたちお野ではリハビリ専門の療法士も機能訓練に参加しています。

エコルたちお野では機能訓練にリハビリ専門職(療法士)も参加しています。同法人内の老人保健施設に勤務するセラピストが、週1回程度、定期的に訪問し、入居者様の状態把握や訓練内容の検討、介助時のアドバイスな …

no image

8月の散髪をしてスッキリしました!

no image

健康への学びを!

短時間個別通所リハビリでは、ご利用時間内に定期的に利用者様へ向けての健康に関する勉強会を行っています。 今回は、今の時期に注意すべき熱中症や、サルコペニアについての勉強会を実施しました。サルコペニアに …